日本株 電気・ガス

【電源開発:Jパワー:9513】決算を解説!株価は2番底になるか!?今後の業績は。

こんな方におすすめ

  • 脱炭素社会に追い風の銘柄を知りたい人
  • 電気・ガス業界について知りたい人
  • Jパワーを投資対象に考えている人
  • Jパワーについて知りたい人

執筆者『タグ』の紹介

TwitterYou Tubeもやっています(^^)

こちらものぞいてみてください!

  • 個別株高配当株投資(米国、日本株)
  • ETF
  • インデックス投資(つみたてNISA)

この記事を動画でご覧になりたい方は、下記をご覧ください(^^)

 

高配当が好きな私は日々、企業の分析を行っています(^^)

 

今回は、私の持ち株でもある、『Jパワー』の決算が出ていましたので、解説したいと思います(^^)

 

電力、ガス業界にとっての最重要課題の一つが、『脱炭素化』への取り組みです。

 

日本政府は2030年度には、2013年と比べて温室効果ガスの排出を26%削減する国際公約を表明しています。

 

また、電力分野に関しては、2030年度の発電電力量構成に占める、石炭火力発電の割合を26%に抑える目標を設定しています。

 

資源エネルギー庁によると、2019年度の石炭火力発電の比率は31.9%となっています。

 

石炭削減のペースは緩やかではありますが、徐々に減少しているようです。

 

日本最大の卸電気事業者であるJパワーは、火力発電所を7か所保有しています。

 

Jパワーは、2021年10月29日に22年3月期第2四半期の決算を発表しましたので、今後の展望を含めて解説したいと思います(^^)

 

Jパワーの株を購入しようかと思っている人の参考になれば幸いです。

 

私の高配当投資のポイントである、『タグの10箇条』の内容を詳しくご覧になりたい人は下記からご覧ください(^^)

高配当投資で押えておきたい項目を10箇条で紹介!

こんな方におすすめ 高配当投資をしたい人 高配当投資をしている人 執筆者『タグ』の紹介 Twitter、You Tubeもやっています(^^) こちらものぞいてみてください! 個別株高配当株投資(米国 ...

続きを見る

 

 

Jパワーの企業分析

企業概要

  • 日本最大の卸電気事業会社
  • 保有発電所や再生可能エネルギー発電所から電力会社10社へ電気を供給
  • 水力発電は日本の20%を占める
  • 石炭火力発電は国内最大級
  • 風力発電は国内2位の規模
  • 海外はアメリカ、中国など7か国で営業
  • 主要取引先は、中国電力、東京電力、エナジーパートナー、関西電力、九州電力
  • 大間原子力発電所(青森県)は建設中断中

 

Jパワーは、水力・風力・地熱など再生可能エネルギーに加え、石炭火力発電所など全国各地に約100か所の発電所を保有・運営し、地域の電力会社などに販売しています。

 

保有する発電設備のうち約7割が国内、3割が海外と、国内だけでなく海外でも事業を展開しています。

 

ホームページより引用

 

Jパワーは、2021年2月に『BLUE MISSION 2050』を公表しました。

 

内容としては、2050年に発電事業のCO2排出実質ゼロを目指すとしています。

 

そのために、2030年にはCO2排出40%削減を実現するということです。

 

2030年までの具体的な内容としては、『石炭から水素発電への移行開始』、水力、風力、地熱などの『再生可能エネルギー開発を加速』、『原子力発電』などをあげています。

 

原子力発電については、『大間原子力発電所』計画を推進していくということでした。

 

Jパワーの業績

四半期の業績推移

銘柄スカウターより引用

 

四半期ごとの売上高と営業利益のグラフです。

 

前期の第2四半期と比較すると、青い棒グラフの売上高は増加していますが、赤い営業利益が大きく減少しているのがわかります。

 

kabutanより引用

 

第2四半期の7月~9月の業績を前期と比較すると、売上高は8.8%の増加、営業益は58.1%の減少、経常益は79.7%の減少、最終益は81.1%の減少となりました。

 

売上高が増加している一つの要因は、卸電力取引市場から調達した電力の販売が増加したことや、そもそもの電力販売価格が上昇したことにあります。

 

一方、費用面では、他社購入電源費や火力の燃料、定期点検などの費用が増加しています。

 

kabutanより引用

 

第2四半期の累計をみると、前期比で売上高は5.7%の増加、営業益は35.8%の減少、経常益は44.9%の減少、最終益は46.2%の減少となりました。

 

対通期の進捗率は64.9%とそこまで悪くないものの、営業益、経常益、最終益は前期を大きく下回る結果となってしまいました。

 

決算短信より引用

 

予想為替レートは1ドル105円としています。

 

営業外費用として、為替差益として195億円を計上していましたが、法人税等を差し引くと最終益としては、181億円になったということでした。

 

kabutanより引用

 

また、業績の修正をおこなっています。

 

売上高は約17%増加するものの、営業益は25.4%、経常益は18%、最終益は約11%、6月に発表した数字よりも減少の修正がおこなわれました。

 

ただ、1株の配当金は75円から変更はありませんでした。

 

通期の業績推移

銘柄スカウターより引用

 

通期の売上高と営業利益のグラフです。

 

売上高はいい感じの右肩上がりになっていますが、営業利益が大きく減少しているのがわかります。

 

営業利益はここ10年ではないくらい、減少するという予想を発表しています。

 

kabutanより引用

 

業績修正を基にした、通期の業績予想は、前期比で売上高は、8.9%の増加、営業益は43.4%の減少、経常益は32.7%の減少、最終益は34.5%の増加を予想しています。

 

売上はあがるものの、費用が多くなり思ったように業績が伸びていきません。

 

決算説明会資料より引用

 

ただ、ジリ貧ということではなく、現在の世界の流れに沿った、『カーボンニュートラル』に向け、取り組みもおこなっています。

 

陸上風力発電の新設やリプレース、水力、水素発電にも力を入れ、現在の21万kwから2025年目標として、150万kwを目指しています。

 

Jパワーの株価と配当

Jパワーの株価

kabutanより引用

 

2021年11月3日時点での月足チャートです。

 

20年の12月に1株1352円以来、2番底を形成しそうです。

 

個人的には、1500円をあっさり突破してしまったのが気になります。

 

今後、何かを契機に急上昇というよりは、上がるとしてもかなり時間がかかるのではないかと思っています。

 

現状の業績でも配当は維持を継続してくれる前提で引き続き、保有していこうと思います(^^)

 

ちなみに、私は平均取得単価1440円くらいで保有しているので、含み損が10%くらい出るまでは、買い増しはしない方針でいきたいと思います(^^)

 

Jパワーの配当

銘柄スカウターより引用

 

配当金は今のところ維持の年間75円です。

 

中間35円、期末40円の年間75円となっています。

 

ここ4年間は配当維持で、ある意味安定しています。

 

当期は、1株利益が上昇する予測でしたので、最低限、『配当維持』は固いかなと思っています。

 

利回り

銘柄スカウターより引用

 

2021年11月時点での配当利回りは5.2%前後です。

 

電力業界は総じて配当利回りが高く、Jパワーも例外ではありません。

 

かつてはディフェンシブ株ともいわれていた電力株ですが、石炭火力から再生可能エネルギーへの投資や原子力発電問題など超えるべき山が沢山あり、その分リスクもはらんでいます。

 

今のところは配当維持で安定していますが、今後は不確定要素が大きいので、私は電力業界はJパワー1社でいきたいと思っています。

 

配当性向

銘柄スカウターより引用

 

2021年度の配当性向は、61.6%でした。

 

2022年度は、業績修正を加味すると、1株配当が75円で、1株利益が163.9円を想定しているので、計算すると配当性向は、45.7%くらいになりそうです。

 

ホームページより引用

 

Jパワーのホームページを参照すると、株主還元の考えかたは、配当性向30%程度を目安にとなっています。

 

当期の配当性向は40%くらいなので、まだ目安の30%には10%程高い状態です。

 

未来への投資が莫大な金額にのぼる恐れがあるため、最悪、減配も覚悟する必要があります。

 

もしJパワーへの投資をやめるなら配当維持のこの辺りかもしれません。

 

Jパワーのキャッシュフローと財務

営業キャッシュフロー

決算短信より引用

 

営業キャッシュフローは、一番右端の2021年度をみると、84億円のマイナスになっています。 前期が780億円のプラスなので、その差は800億円を超えます。 これは、本業で稼げていないということになります。

 

投資キャッシュフロー

決算短信より引用

 

投資キャッシュフローは、再生可能エネルギーへの投資や設備の修繕等へ費用をかけています。

 

財務キャッシュフロー

決算短信より引用

 

財務キャッシュフローは、前期、今期ともにプラス計上なので、資金の調達をしています。 前期にはなかった、『コマーシャルペーパー発行による収入』が500億円あります。 コマーシャルペーパーとは、短期の資金調達するための無担保の借金のことです。

 

とにかく、現在のJパワーは借金を返済するというよりも、借り入れをしているということがわかればいいと思います。

 

kabutanより引用

 

自己資本比率は29.3%と若干改善しています。

 

利益剰余金は確認できた2008年以降から、毎年増えています。

 

設備投資が必要なので、有利子負債はしょうがないですね。

 

Jパワーが2年間で稼ぐ金額分の借金をしていることになります。

 

Jパワーのまとめ

ホームページより引用

【まとめ】

  • 日本最大の卸電気事業会社
  • 火力・水力発電がメイン
  • 風力発電は国内2位の規模
  • 脱炭素社会における注目銘柄のひとつ
  • 大間原子力発電所計画の推進を発表!

2022年第2四半期の決算を発表したJパワーを解説しました(^^)

 

もともと実力のある企業なので、今後の脱炭素社会における注目銘柄と既になっています。

 

原子力発電所については賛否があると思います。今後の動向も注視していきたいと思います(^^)

 

今後も別の個別株も解説していきますので、ひとつの参考にしてみてください(^^)

-日本株, 電気・ガス

© 2021 タグの株ブログ Powered by AFFINGER5