情報・通信業 日本株

【NECネッツエスアイ1973】企業分析。業績は上り調子、株価は一服。

こんな方におすすめ

  • 情報・通信業界について知りたい人
  • NECネッツエスアイについて知りたい人

執筆者『たぐ』の紹介

TwitterYou Tubeもやっています(^^)

こちらものぞいてみてください!

  • 個別株高配当株投資(米国、日本株)
  • ETF
  • インデックス投資(つみたてNISA)

今回は、NECグループにおけるネットワークソリューションの中核会社の『NECネッツエスアイ』について企業分析しました。

私は、一応、株主ではあるのですが、株主通信を見ると、株主は25,957名と多くはありませんが、今後の注目銘柄としてみています(^^)



 

動画でご覧になりたい方は、下記をご覧ください(^^)

NECネッツエスアイの企業分析

企業分析

  • NECグループにおけるネットワークソリューションの中核会社
  • 3つのセグメント構成
    デジタルソリューション、エンジニアリング&サポートサービス、ネットワークインフラ
  • 日本電気(NEC)【6701】の持ち分法適用会社
  • 主要取引先はNEC
  • 大株主はNECで持株比率は約38%

具体的にどんなことをやっているかは、セグメント業績のところで解説します!

 

NECネッツエスアイの業績推移

まずは、直近の四半期の業績から見ていきましょう。

四半期の業績推移

銘柄スカウターより引用

売上高と営業利益のグラフです。

1Qは毎年、売上高と利益が下がり、期末にその年の最も高い売上高、営業利益を出すことがわかります。

当期も例にもれず、2Qの結果は1Qを上回っています。

 

kabutanより引用

第2四半期の業績

  • 売上高 約838億円 前年比10.7%
  • 営業益 約572億円 前年比25.9%
  • 経常益 約583億円 前年比27.3%
  • 最終益 約364億円 前年比26.4%

第2四半期だけを見ても前年同期比で軒並み10%以上の増加を見せています。

 

通期の業績推移

銘柄スカウターより引用

波はありつつも、着実に売上高、営業利益を積み上げています。

当期予測も従来の予測から上方修正しており、調子の良さがうかがえます。

 

kabutanより引用

通期の業績予測

  • 売上高 約3270億円 前年比7.7%
  • 営業益 約1900億円 前年比17.0%
  • 経常益 約1900億円 前年比19.2%
  • 最終益 約1130億円 前年比19.9%

前期は経常益以外は過去最高でしたが、当期は、経常益も含め、全てにおいて過去最高を更新しそうです。

配当については、2020年6月1日付けで1:3の株式分割をしているので、配当は下がっているように見えますが、14期連続の増配なので安心してください。

配当については、後ほど触れます(^^)

 

NECネッツエスアイのセグメント業績

説明会資料より引用

セグメント構成

  • デジタルソリューション(DSL)
  • ネットワークインフラ(NWI)
  • エンジニアリング&サポートサービス(ESS)

デジタルソリューションは、オフィスICT、公共系ICT、セキュリティ対策、ネットワーク構築などを行っています。

ネットワークインフラは、IoT総合サービス、携帯電話基地局、クラウド基盤ソフト、社会インフラ、消防・防災システム、CATV設備などを行っています。

エンジニアリング&サポートサービスは、保守・運用、基盤技術開発センターなどを行っています。

保守・ネット運用・監視サービスは、国内400か所のサポートサービス拠点があり、24時間365日対応しています。

後ほど、各セグメントの具体的な事業説明をしますので、まずは、セグメントごとの業績を見てみましょう。

 

セグメント四半期の業績推移

銘柄スカウターより引用

3つのセグメントの売上高のグラフです。

ネットワークインフラが売上高としては3番手ですが、偏ることなく売り上げを上げていることがわかります。

セグメント別の利益に落とし込むと、下記のようになります。

銘柄スカウターより引用

利益においても偏ることなく、3つのセグメントで稼げています。

 

それでは、3つのセグメントの事業を説明します。



 

デジタルソリューション事業

売上

  • 売上高 567億円(前年同期比6.6%増)
  • 売上高構成比 37.5%

デジタルソリューション事業は、企業の業務に必要なICT(情報通信技術)のシステムやサービスを提供しています。

特にAI(人工知能)やIot(あらゆるものがネットに繋がる)等の技術を活用して、時間や場所にとらわれない、働き方の多様化、高度化を支えています。

文部科学省のGIGAスクール構想案件などにより、売上高は上昇しました。

GIGAスクール構想とは、『Global and Innovation Gateway for All』を略したもので、子供1人1台のコンピュータ整備し、創造性をはぐくむ教育ICT環境を実現するための施策です。

 

ネットワークインフラ事業

売上

  • 売上高 381億円(前年同期比7.3%増)
  • 売上高構成比 25.2%

ネットワークインフラ事業は、通信事業者のネットワークや、官庁・自治体、放送事業者、道路・鉄道事業者などを支えるICT(情報通信技術)の提供を行っています。

通信事業者向けが特に拡大し、売上の向上につながりました。

 

エンジニアリング&サポートサービス事業

売上

  • 売上高 516億円(前年同期比23.9%増)
  • 売上高構成比 34.1%

NECネッツエスアイが提供するICTシステムやサービスに関する保守・運用・監視や、海外の顧客へのICTインフラの提供を行っています。

GIGAスクール案件や、メガソーラープロジェクトが売上に貢献しました。

 

NECネッツエスアイの株価と配当

kabutanより引用 月足チャート

2020年3月から高騰をみせました。

日足チャートのほうがわかりやすいかもしれません。

kabutanより引用 日足チャート

2020年1月からの日足チャートです。

コロナショックの3月23日に1110円と底値を付けてから、7月30日の2335円と2倍以上になりました。

7月の高値からは、約20%下落しているのが12月上旬の状態です。

 

競合との比較

私が思う競合と年初来を0%として、比較してみます。

は、『NECネッツエスアイ』です。

は、『伊藤忠テクノ』です。

は、『日鉄ソリューションズ』です。

は、『NTTデータ』です。

NECネッツエスアイは業績で過去最高を更新する予測ですが、伊藤忠テクノも過去最高を更新する予測になっています。

また、日鉄ソリューションズは、減収減益で減配が発表されています。

NTTデータは、8月の時点では減収減益予測となっています。

 

配当金、配当利回り

説明会資料より引用

ポイント

  • 14期連続増配

現在のところ、14期連続の増配を計画しています。

増配を意識しているので、株主還元に意欲はめちゃくちゃあります(^^)

 

配当利回り

2020.12.04時点

配当利回りは、1.6%前後と、株価が配当金額と比べて高いので低利回りになっています。

また、信用倍率が19倍なので上値が利益確定で抑えられやすいのと、株価がさらに下がった時の損切で、さらなる下落を招くかもしれませんね。

配当性向は、当期予測の1株益が75.9円で、配当金が年間28円なので、計算すると、配当性向は36.8%くらいになります。

前期の配当性向は、43.2%だったので、1株益が上昇したことにより、配当性向抑えられる予測です。



 

NECネッツエスアイの財務

kabutanより引用

財務

  • 自己資本比率 48.7%
  • 自己資本 約1123億円
  • 剰余金 868億円
  • 有利子負債倍率 0.08

財務的には問題ありません。

自己資本比率は、40%以上ありますし、自己資本や剰余金も増えています。

借金もほぼありません。

枕を高くして寝れますね(^^)

 

NECネッツエスアイのまとめ

NECネッツエスアイ【まとめ】

  • NECグループにおけるネットワークソリューションの中核会社
  • デジタルソリューション、エンジニアリング&サポートサービス、ネットワークインフラの3つのセグメント
  • 株価は2020年7月を高値に下落基調
  • 業績、財務は優秀で買い時を狙いたい

NECグループのネットワークソリューションの中核会社のNECネッツエスアイを解説しました。

コロナ禍における追い風もあり、業績を伸ばせている会社です。

今後の注力領域として、『デジタル×5G』を掲げています。

デジタルと5Gは今後も成長が期待される分野ですから、NECネッツエスアイも業績を伸ばしていってほしいです(^^)

今後も別の個別株も解説していきますので、ひとつの参考にしてみてください(^^)

 

-情報・通信業, 日本株

© 2021 タグの株ブログ Powered by AFFINGER5