日本株 電気機器

【マブチモーター6592】EV関連株!今後の株価は上昇していくか!【2020年12月期末の決算】

こんな方におすすめ

  • 電気機器業界について知りたい人
  • マブチモーターを投資対象に考えている人
  • マブチモーターについて知りたい人

執筆者『タグ』の紹介

TwitterYou Tubeもやっています(^^)

このブログからTwitterYou Tubeへいらした方は、ぜひコメントにその旨を残していただければ、必ず返信します(^^)

  • 個別株高配当株投資(米国、日本株)
  • ETF
  • インデックス投資(つみたてNISA)

この記事を動画でご覧になりたい方は、下記をご覧ください(^^)

 

高配当が好きな私は日々、企業の分析を行っています(^^)

 

今回は、『マブチモーター』について解説したいと思います(^^)

マブチモーターは小型モーターに特化した会社で、私の記憶にはラジコンカーやミニ四駆といった印象があります。

 

脱炭素社会への推進により電気自動車が普及されるとマブチモーターの業績が良くなる可能性が高いです。

 

そんな、マブチモーターは、2020年12月期を終え、2021年12月期の業績予測を発表しました。

 

決算の内容を解説してから、私独自の『タグの10箇条』で高配当投資におけるマブチモーターを点数化してみたいと思います(^^)

マブチモーターの株を購入しようかと思っている人の参考になれば幸いです。

 

タグの10箇条についての内容を詳しくご覧になりたい人は下記からご覧ください(^^)

高配当投資で押えておきたい項目を10箇条で紹介!

こんな方におすすめ 高配当投資をしたい人 高配当投資をしている人 執筆者『タグ』の紹介 Twitter、You Tubeもやっています(^^) こちらものぞいてみてください! 個別株高配当株投資(米国 ...

続きを見る

 



 

マブチモーターの企業分析

企業概要

  • 小型モーターの専業メーカーで世界トップ
  • 主力は自動車電装用、精密機器、家電、工具など
  • 全製品をアジアを中心とする工場で生産
  • 移動体、医療機器への新用途を開拓中

売上の約7割を自動車のパワーウィンドウやパワーシート、パーキングブレーキなどの自動車電装機器で売り上げています。

 

残りの約3割を歯ブラシ用や理美容関連機器、工具等の民生・業務機器という分野で売り上げています。

 

マブチモーターの業績

四半期の業績推移

銘柄スカウターより引用

売上高と営業利益のグラフです。

 

第2四半期に大きく業績を落としてしまいましたが、第3四半期、第4四半期となるごとに業績を戻してきているのがわかります。

 

kabutanより引用

第4四半期の業績

売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 利益率
金額 約351億円 約64.3億円 約68.3億円 約48.2億円 72.9円 18.3%
期比 +11.0% +38.2% +16.8% +23.3% +23.8% 増加

第4四半期をコロナがなかった前期と比較すると、売上高は11%の増加、営業益は38%、経常益は16%、最終益は23%の増加となりました。

 

営業利益率も14.7%から18.3%に上昇しています。

 

10%以上の営業利益率があれば優秀と言える中、第4四半期に至っては20%に近い数字を残しました(^^)

 

通期の業績推移

銘柄スカウターより引用

通期の売上高と営業利益のグラフです。

 

2017年あたりをピークに業績が落ちてきていたなかで、コロナショックがありました。

 

2020年12月期はコロナの影響でさらに業績を落としてしまいましたが、脱炭素社会へのシフトが盛り上がってきました。

 

2021年の業績予測はV字回復の兆しを漂わせます(^^)

 

kabutanより引用

2020年12月期の業績

売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 配当
金額 1164億円 129億円 126億円 89億円 135.6円 135円
前期比 -11.7% -26.5% -39.2% -36.9% -36.6% 維持

2020年12月期の業績は、売上高は-11%の約1164億円でした。

経常益は39%減少の126億円に落ち込みましたが、従来の予測は103億円としていたので、従来の予測よりも約23%上振れする形での着地となりました。

 

マブチモーターの利益を減らす原因の一つに製品を主に海外で生産しています。

最近は円高傾向があったため為替差損が増加したことによる業績の悪化もありました。

 

当期は厳しい結果となりましたが、良い話もあります(^^)

 

パワーウィンドウ用モーターにおいて、北米大手自動車メーカー3社目となる顧客から認証取得にむけ大きく前進したということです。

 

kabutanより引用

通期の業績予測

売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 配当
金額 1280億円 147億円 154億円 106億円 160.7円 107円
前期比 +9.9% +14.0% +21.5% +17.9% +18.5% 減配

2021年12月期の業績予測は、売上高は9%、経常利益は21%上昇する予測を立てています。

 

当期の業績予測における為替レートは1ドル105円を想定しているという事です。

105円よりも円安にいけば業績の上振れ期待になり、円高にいけば下振れ懸念になります。

 

配当金に関しては後でご説明しますが、135円から28円落とし、特別配当77円、普通配当30円の合計107円と発表されています。

 

マブチモーターの株価と配当

マブチモーターの株価

kabutanに一部加筆

2021年2月22日終値での月足チャートです。

 

2015年の高値からのトレンドラインに押さえつけられているように見えます。

 

5,000円を超えてきたら上昇していきそうなチャートに見えます。

 

マブチモーターの配当

ホームページより引用

銘柄スカウターより引用

配当金

  • 2020年 135円(中間6月 67円、期末12月68円)
  • 2021年 107円(中間6月 53円、期末12月54円 予測

マブチモーターの配当金は2階建てのような感じになっていて、年間30円(半期ごとに15円)の配当は決定しています。

 

ボーナス的に事業成果として連結純利益の30%を1株当たりに換算して『特別配当』として配当政策をおこなっています。

 

なので、2021年12月期は、6月の中間は、基礎配当部分の15円と特別配当38円(予測)で合計53円となっています。

 

12月の期末に関しては、基礎配当部分の15円と特別配当39円(予測)で合計54円となっています。

 

利回り

銘柄スカウターより引用

利回り

  • 2.2%前後

現在の株価では、配当利回りは2.2%前後と高くはありません。

 

ですが、株価上昇と組み合わされば底堅いポートフォリオの一部となってくれそうな気はします(^^)

 

配当性向

銘柄スカウターより引用

配当性向

  • 2020年 99.5%
  • 2021年 66.5% 予測

2020年の配当性向は99.5%でした。

2020年2月に発表した年間135円の配当を変更せず、利益の全てを株主に還元しました。

 

2020年の業績は、同年2月に予測していたよりも大幅に業績を落としましたが、減配はせず135円の配当でした。

一度配当を発表したら減額しないという強い意志を感じました(^^)

 

2021年度は残念ながら年間107円と減配になってしまいましたが、簡単に減配はせず、稼いだ分は株主に還元するという気持ちは伝わってきました!

 



 

マブチモーターの株主優待

『千葉県、香川県の特産品』 or 『日本赤十字社への社会貢献活動』

 

必要枚数 優待内容
100株以上 【1年以上保有】
・以下より1点選択
1、優待品2,000円相当
2、寄付
200株以上 【1年未満株保有】
・以下より1点選択
1、優待品2,000円相当
2、寄付【1年以上保有】
・以下より1点選択
1、優待品4,000円相当
2、寄付
1,000株以上 【1年未満株保有】
・以下より1点選択
1、優待品2,000円相当
2、寄付【1年以上保有】
・以下より1点選択
1、優待品4,000円相当
2、寄付【3年以上保有】
・以下より1点選択
1、優待品8,000円相当
2、寄付

株主優待は、本社所在地の千葉県の特産品および、創業の地である香川県のそれぞれの特産品か、社会貢献活動から選択できます。

 

株主優待という事で現実的な株数は200株くらいでしょうか。

 

マブチモーターの財務

kabutanより引用

財務

自己資本比率 総資産 自己資本 剰余金 有利子
負債
数値 91.0% 約2625億円 約2390億円 約2169億円 0.00

自己資本比率は驚異の90%越えです。

 

借金は無く、財務健全のキャッシュリッチ企業です。

全く問題ありません(^^)

 

タグの10箇条で分析した結果

合計得点

  • 68点

私の高配当投資の観点からすると、現状のマブチモーターは68点でした。

配当に関しての項目が平均よりも低くなってしまったので点数は伸びませんでした。

 

マブチモーターは高配当投資というよりも、株価の値上がりも期待する銘柄です。

 

今後のEV関連面柄として業績を上げていけば、株価上昇と配当金上昇が狙える銘柄かなと思っています(^^)

 

マブチモーターのまとめ

ホームページより引用

【まとめ】

  • 小型モーターの専業メーカーで世界トップ
  • 主力は自動車電装用、精密機器、家電、工具など
  • 業績は2017年をピークに減少傾向
  • 2021年の業績はV字回復見込み
  • EV関連銘柄で株価、配当金の上昇も見込める

マブチモーターの2020年12月期末決算を解説しました(^^)

 

2021年度は減配の予測ですが、脱炭素社会への移行により電気自動車へのシフトが叫ばれています。

 

パワーウィンドウやパワーシート、エレクトリック・パーキング・ブレーキなどを得意とするマブチモーターには期待できます(^^)

 

マブチモーターを単元株(100株)で購入すると50万円前後になります(>_<)

投資の勉強をしていきたいという人は、

私も利用している【SBIネオモバイル証券】なら1株からでも購入ができます(^^)

マブチモーターの株を1株から購入できます(^^)

毎月の約定合計が50万円以下なら220円(税込み)で売買し放題です!

毎月Tポイントも200ポイントもらえるので、1か月の手数料は20円です(^^)

少額からでも始めてみようかな?という人は【SBIネオモバイル証券】を試してみてはいかがでしょうか!



 

今後も別の個別株も解説していきますので、ひとつの参考にしてみてください(^^)

 


-日本株, 電気機器

© 2021 タグの株ブログ Powered by AFFINGER5